消費者金融の歴史

消費者金融を「個人向け融資」ということと解釈した場合には、後に安田銀行が吸収した日本昼夜銀行が1929年にはじめた小口融資が最初だと言われています。これは保証人を2名要するものでしたので、現在の消費者金融が原則としている無担保保証人不要用途不問というものとは少々特性が違いました。現在の消費者金融の融資に近いものが出現したのは、1956年です。日本信販が行った「チェーンクレジット」が発端となって、のちのSMBCコンシューマファイナンスとなる三洋商事や関西金融が。勤め人を対象としている小口融資を開始しました。


<サラ金と呼ばれた消費者金融>

登場した当時は「サラリーマンであれば信用貸しを行う」ということから、サラリーマン金融と呼ばれ、略した「サラ金」という名で浸透しました。しかしサラ金に対する法律はまだ確立しないうちに急成長しましたので、その分多くの社会問題も生むことになってしまいました。強引な取立てのために借金を苦にして自殺する人も増加し、これが所謂「サラ金地獄」というものでした。横暴さには目に余る者があり、1970年代後半から1980年代になって激化したことをうけ、貸金業規制法が制定されるに至りました。これによって利息や取り立てなどに関する制限が加えられました。

<PR>
パチンコで借金を抱えて悩んでる方は、まずはどうしたらパチンコをやめられるかを考えた方が良いです。自分がパチンコに依存してると感じてる場合は下記のサイトで情報を収集してみてください。
パチンコ依存症

消費者金融に申し込むと周囲の人にバレる?

消費者金融の利用にあたって不安に思うこと1位は「審査に関して」ですが、その次に多いのが「家族や会社にバレないかどうか」という点です。


消費者金融を利用していることは誰にも知られたくない!

生きていればどうしてもやむなく利用するしかない時もあると思いますが、それでも「アイツ、消費者金融で借金しているらしいぜ」とウワサされたら嫌だ、絶対に誰にも知られたくないと思ってしまうものです(実際、知られることでのメリットがほとんどないです)。
では、その「機密性の守護」対策はどんなものがあるのでしょうか?
対策1:電話はかけない
携帯電話にも会社にも自宅にも、とにかく電話はかけてこないでくれる消費者金融というのが最近では増えてきています。昔は在籍確認電話といって必ず勤め先にはかかってきてしまうものでしたが、外部から個人宛に電話がかかってきて不自然ではない立場にいる人ばかりではありませんでしたので、不満と不安の種の代表格でもありました。それがなくなったことでかなり申し込みのしやすさが上がったことでしょう。
対策2:書類は送らない
全ての手続きをインターネット上で済ませることで書類レス申し込み&契約が、最近の消費者金融のスタンダードとなりつつあります。


バレる時はだいたい自業自得

酔っ払った勢いで同僚に喋ってしまったことが発端で、同僚→同僚の奥さん→自分の奥さんというルートでバレてしまったなんてパターンはよく聞く話です。ご注意ください。

消費者金融でお金を借りるために

消費者金融のCMは1週間の内に1度や2度は絶対に見かけますよね。これだけバンバンCM流しているとはいえ、審査もしないで誰にでも貸してくれるわけではありません。「いいよ、本当に困ったら消費者金融でお金を借りるから」と思っていても実際に借りられるかどうかは分からないというのでは困ってしまいますよね。


消費者金融で確実にお金を借りるために

まずはきちんとお金を借りるためにやるべきことを紹介すると、申込書に書き込む内容に間違いがないかを確認することが大事です。
もしあなたが会社員で「来週何人かアルバイト希望の子を面接するから、この子は良いなと思う子を2人ほど選んでくれ」と履歴書だけを渡されたとしますよね。
「変な子だと困るから最低限の確認はしてくれよ」と言われてプレッシャーもかかっています。
そんな時Aさんは年齢と中学校の卒業年がおかしく(西暦から平成に計算し直す時に間違えたらしい)、Bさんは連絡先の携帯電話の番号が1桁足りませんでした。Cさんは未成年の場合は保護者の同意サインが必要だと書いてあるのに未記入の状態でした。DさんとEさんは特に問題のない履歴書を送ってきています。
もうこの時点でDさんとEさんに絞られてしまうのは言うまでもないと思います。


文字情報だけで人柄を見るしかないのは同じ

この状態は消費者金融会社にとっても同じなのです。特に審査をするのはその部署の最高責任者であるとは限りません。だとすれば「変なのを通しちゃって怒られるのは嫌だな」という心理が働き、「確実性」を重視したくなってしまうのが人間という生き物です。
つまらないミスで確実性を揺るがしてしまうようなもったいないことはしないよう注意しましょう。

消費者金融の借金を債務整理するとどうなる?

以前はサラ金地獄なんていう言葉があったくらい、借金の返済が出来ずに自己破産してしまう方が多くいました。
現在では貸金業法が改正されたので、金利はどんなに高くても20%までと決められています。また、グレーゾーン金利時代に金融機関を利用していた方の場合は過払い金を返還してもらう事も可能となっています。過払い金の請求を行なえば借金額を減らすことも可能になります。自己破産も過払い金請求も全て債務整理に含まれるという事を知っていますか。消費者金融の借金を債務整理で片付けてしまえば精神的・経済的な負担も軽くなり返済効率も良くなります。しかし、債務整理を行うとブラックリストに掲載されてしまうのです。もちろん、どのような債務整理を行なったのかという点で掲載期間が異なります。


消費者金融の借金問題は弁護士へ

借金を抱えてしまいその返済がスムーズに行えない、返済能力を超えた金額の為返済することが出来ない。
そういう方は債務整理を行なうのが良いのですが、自分の力で手続きを行なえば良いわけではなく、必ず専門家へ頼むことになっています。弁護士や司法書士などにお願いをして、消費者金融とコンタクトを取りながら借金返済の計画を立てていくことになります。借金整理を行ない返済していく、民事再生を行ない決められた期間中に完済するなど必ず専門家に協力を仰ぐことが重要です。上記で債務整理を行うとブラックリストに登録されてしまう事になるといいましたが、過払い金請求はリストに登録されませんので安心して下さい。弁護士などにお願いすると費用が発生してしまうと不安に思っている方も居るでしょう。ですが、抱えている消費者金融の借金をそのままにしてしまうよりずっと良いので、きちんと解決させましょう。


審査に大きく影響してくることになる

返済が出来なくなるなどの理由から債務整理を行なっている方の場合、金融会社への申し込みは不可になります。
ブラックリストに載ってしまっている以上、審査の前の申し込みで断られてしまう事もあるのです。信用情報は各消費者金融などが共有して確認できるようになっていますので、過去の経歴を全て見られてしまいます。リストに載っていることが分かれば「貸付をしても返済してもらえないのでは?」と思われてしまうのです。消費者金融の審査はさほど厳しいものではありませんが、過去に何か問題を起こしていると通ることが出来ません。過去に債務整理などをしている方は必ず年数を確認するようにしましょう。申し込みを行ない審査に落ちてしまうとなったら、その情報も信用情報に残されてしまうので悪循環です。時間が経過するのを待つしかありません。

消費者金融の審査に落ちてしまったら

消費者金融の審査に落ちた場合、記入内容になんらかの不備があったか、過去にトラブルを起こした情報がまだ残っているかもしれません。
現在の消費者金融は、アルバイトや主婦の方でも利用できるのがメリットの1つです。
安定した収入があれば、だいたいの方は審査に通ることができます。
しかし、無職と記入してしまった場合や、過去に返済でトラブルを起こしたことがある場合は話が変わってきます。


消費者金融の審査でも職業を無職はダメ

アルバイトや主婦の方でもキャッシングを利用できるとはいえ、無職と記入してお金を借りるのは難しいです。
そういうときは、形だけでも脱無職をすればよいのです。
具体的には、派遣会社に登録をするだけです。
実際に仕事をこなさなくとも派遣社員という証拠になるので、門前払いをくらうことはなくなります。


返済が大幅に遅れたり無視したりした

消費者金融でキャッシングを利用しているにも関わらずその返済をおざなりにすると、そういった情報が第三者機関で保管されます。
これらの情報は6ヶ月から5年ほど保管される上に、すべての金融機関から見ることが出来ます。
そのため、過去に返済が大幅に遅れたりいちゃもんをつけたり無視したりすると、金融機関全体からの信用が下がって審査に通りづらくなってしまうというわけです。

自分へのご褒美旅行資金は消費者金融で調達

冬は温泉が嬉しい季節で美味しいものも沢山ある季節です。貸し切り温泉に浸かりながら冬の夜空を見上げたら自分が抱えている悩みなんて全て吹き飛んでしまうでしょう。毎日仕事をしている会社員や家で育児や家事に追われる主婦の方など家族がいる方は、休日も平日と変わらず家事をしなければならなかったり急に仕事になったりと本当の意味で休みをとれる日は少ないものです。

そこで日頃の疲れを癒すためにおすすめの方法として家族で行く温泉旅行をご紹介致します。消費者金融のカードローンやキャッシングは契約をしたその日の内の借り入れをすることが出来るのでとても便利です。


季節限定の温泉ツアー旅行で心身共にリフレッシュさせる

温泉というと冬の季節に楽しむというイメージがありますがその季節ごとに楽しめるツアーなどや景色との組み合わせで、どの季節でも味わいのある旅行を楽しむことが出来ます。季節によって花や雪など風情を肌で感じつつその地域独自のお祭りやイベントにも参加することでより旅行先の地域に深く触れることが可能になります。
更に各旅館ではその土地の名産品を料理に取り入れるため温泉と共に美味しい食事も味わうことが出来ます。ツアー旅行では参加出来るイベントや有名な宿など「いいとこどり」をすることが出来ますがツアーでなくても自分達で行先ややりたいことを考えて計画を立てる方法もおすすめです。旅行にはお金がかかるというイメージがありますが家族との大切な思い出のためにもここは消費者金融で審査を受け予算に困らないように配慮しておきましょう。


消費者金融の借り入れはツアー中も利用可能

消費者金融のサービスには色々な種類がありますが旅行など日頃と違う場所に向かう場合にはキャッシングのサービスを利用することをおすすめします。大々的な旅行で交通費も含めて高額の出費を予定しているのであればカードローンの方がお得になりますが、旅先で急な現金出費に対応するためにはキャッシングが一番便利です。
急な出費はクレジットカードでも対応することが出来ますが地方の個人経営のお店ではクレジットカードに対応していないお店も少なくないため、現金を引き出せるように旅行前に準備しておきましょう。

ツアーではガイドに合わせて動くため急な出費に見舞われることは少ないものです。しかしもし旅行中に事故にあってしまったり天候不良によってもう一泊せざるを得ないという状況になってしまったり場合にも、消費者金融のキャッシングであれば審査後すぐに借り入れをすることが出来るため前もって準備することが出来なくても旅行先で契約をすることが可能です。
せっかくの家族旅行で出費に対応出来ないなど困った状況に陥らないよう前もって準備出来るところはしっかり準備しておきましょう。

消費者金融で返金対象となっているグレーゾーン金利って何?

テレビなどで利息の過払い金請求のコマーシャルを見たことがある人は多いと思います。過去に消費者金融を利用した経験があるという人の中で、問い合わせを行う目安の年数などはいつなのか、審査申し込みをした時期などをチェックしてみましょう。


消費者金融で平成18年前に借りた人

グレーゾーン金利が存在したのは、平成18年の貸金業法が改正される前のことです。当時、10万円以下の借金の上限金利は20パーセント、ここから29.2パーセントまでは上限金利以上ではあっても、刑罰対象ではないという法律になっていました。相手の同意があればいいですよ、という認識だったそうですが、お金を借りるのに同意せざるを得ない、という状態になってしまうため、今は刑罰対象ではない金利というのは存在しません。


今から8年前に使っていたら要注意

今年は平成26年ですから改正から8年経過していますね。8年以上前に使った記憶がある、利用したという場合には、利用明細の開示などを求めて確認をしてみることをおすすめします。消費者金融では完済から10年以内は記録を残さなくてはいけないという法律があるので、今、手元には明細が残っていないという人も取引履歴の開示を求めることが可能で、本人確認書類があればいいそうです。

消費者金融審査の流れとその実態

消費者金融から融資を受けようと思えばまず、申し入れを予定している消費者金融の審査基準やその流れを事前に把握しておくと、心に余裕が持て効率的に申請を行うことが出来ます。融資を受ける側はそのお金をどんな用途に使おうが自由ですが、貸し出す側としては融資したお金をギャンブルなどに使われると、融資金の返済不能に陥るリスクを伴うのでしっかりした融資前審査を行うことになります。これらの事を融資される側する側双方が理解しておくと、申請時の相互理解が深まりスムーズなやり取りが可能になります。


<ネット上で出来る申請>

ネット上で申請が可能になった現在、誰にも知られることなく消費者金融が用意したフォームに従って必要事項を書き込み、運転免許証や健康保険証などの身分証明書を添付し申請します。もし申請額が50万円を超える場合は所得証明書が必要になります。申請された書類にもとずき信用度の点数がつけられ合格の可否判断が行われます。引き続き、疑問点がある場合は申請者に迷惑がかからないように配慮した調査が行われます。以上の結果を審査判断材料にして、決裁権限資格取得者による決済が行われます。


事前調査で合格が危ぶまれた場合>

申請書や調査で合格ラインに達していなくとも、過去の借り入れ実績で特に不正がなく優良融資先と判断されれば、審査に合格する可能性が大きいので日頃の金融面での真面目な対応を心がけることが大切です。

信頼できる消費者金融を利用したい

やはり消費者金融を利用するのなら信頼できる場所が良いですよね。
ですが、どのようにして信頼できる場所を見つけたら良いのか分かりませんよね・・・そんな時はランキングサイトや比較サイトを参考にしてみるのが良いかと思います。
そのサイトによってランキングが変わってくるかと思いますので、調べてみるのが良いと思います。
詳しく説明がされていますので分かりやすくて良いかと思いますよ。


消費者金融と闇金融を見極めよう

消費者金融を利用するにあたって気を付けたいのは、やはり闇金融だと思います。
この二つの見分け方は、ホームページに登録番号が掲載されているのかどうかなのだそうです。
中には偽りの番号を掲載している闇金融がありますので、その金融名についてネットで検索してみることをおすすめします。
闇金融なのではないかと不安になった時は、まず調べてみるのが良いかと思いますよ。
情報が色々出てくるかと思いますので、その意見を参考にして判断されて下さい。


延滞しないように注意

消費者金融を利用される際には返済にも気を付けるようにしましょう。
ご自分が借入をした金額を必ず返済日に返済するようにしていただくのが当然ですので、延滞などしないように。
延滞ばかりしてしまいますと信用を失う事になってしまいますので、気を付けるようにして下さいね。
利用される前に、審査や金利についても確認されておかれるのが良いかと思います。

消費者金融を初めて利用される方へ

消費者金融を利用される際、不安なことも多くあるかと思いますが今ではネットが充実していますので色々調べてみることをお勧めします。
消費者金融はお金を借りられるところですので、いざという時には非常に便利だと思います。
ですが、いくら便利だからとむやみに利用してしまいますと後々返済が出来なくなってしまうことなどがありますので気を付けるようにしていただければと思います。
使いすぎて癖になってしまわぬようにして下さいね。


消費者金融の金利を確認しよう

何度か利用されたことのある方はご存知だと思いますが、金利は利息と深く結びついていますので金利について確認することをお勧めします。
初めての方でしたらやはり返済はしっかりしなきゃ、しっかりしたいと思っている方が多いかと思いますので最初は金利についてきちんと把握しておきましょう。
なるべく低金利の場所を選ばれた方が返済の時に負担が少なくて良いかと思います。
その方が余裕をもって返済することが出来るかと思いますよ。


癖にならないように

癖になってしまわぬよう、いざという時にだけ使うようにされた方がよろしいかと思います。
一番怖いのは利用しすぎて返済が出来なくなってしまう事ですので、消費者金融を利用される際には本当にそれくらい金額が必要なのかよくもう一度お考えになってからが良いですね。
ご自分が無理なく返済のできる程度でしたら問題はありませんが、出来ないのでしたら利用するのは控えるようにしましょうね。
また、審査に必要なものなども事前に調べておきましょう。

消費者金融の即日融資は限度額が低いの?

消費者金融で人気の高いサービスが、即日キャッシング、スピード融資などと呼ばれているものです。消費者金融では、インターネット上や店頭などで受付した後にすぐに、審査を行ってくれます。そのため、今すぐに現金が必要だとなっても、安心してお金を借りることができるのです。


消費者金融はネットで申し込める

消費者金融では、現在、インターネット上ですべての手続きを完了できるものが多くあります。中には利用履歴などもインターネット上で管理、返済する金額や、まだ返済していないお金なども直ぐに確認することができます。スマートフォン向けに公式アプリケーションなどをリリースしている会社もあり、その場でATMを検索できるサービスなどもあります。


限度額内の引き出しが自由

消費者金融で融資を受けると、限度額というものが設定されます。例えば10万円であれば、10万円以内であれば、自由にお金を使えるというものです。まだ返済しなくてはならないお金が数万円あったとしても、10万円以内ならお金を借りることができます、というサービスです。即日融資の場合は、この金額が低いと言われることがありますが、これはまだ返済した実績がないことから、判断ができないので低いというのが主な理由だと言われています。きちんと返済を続けていると限度額が上がるということもあるそうです。

消費者金融の審査で利用する情報

消費者金融を利用する人が増えていると言われています。消費者金融では、アルバイトなど非正規雇用の人でも融資を受けることができる、コンビニエンスストアなどのATMと提携していることから、返済や借り入れが非常に便利で24時間対応していることも少なくないということが、大きなメリットと言われています。


消費者金融の審査で使うもの

消費者金融では審査のときに個人情報が必要です。まず必ず必要になるものが、本人確認書類です。この書類は免許証や保険証、他にパスポートや住基カードなども利用できるそうです。公的に自分の身分を証明できるものであればいいので、二十歳以上の学生であれば、学生証でも大丈夫です。免許証などの場合は、免許番号を入力するだけでインターネット上から直ぐに申し込みができるものもあるそうです。


信用情報の開示に同意する必要がある

その他、借り入れる金額によっては収入証明書を提出する義務が発生する場合もあります。本人確認書類と一緒に必須となるのは、信用情報の開示に対する同意です。信用情報とは、あなたのお金の履歴のようなものです。お金をどこから借りて、どのように返済したか、返済が遅くなったり、滞ったまま放置していたりしないかを確認することができます。