消費者金融でお金を借りるために

消費者金融のCMは1週間の内に1度や2度は絶対に見かけますよね。これだけバンバンCM流しているとはいえ、審査もしないで誰にでも貸してくれるわけではありません。「いいよ、本当に困ったら消費者金融でお金を借りるから」と思っていても実際に借りられるかどうかは分からないというのでは困ってしまいますよね。


消費者金融で確実にお金を借りるために

まずはきちんとお金を借りるためにやるべきことを紹介すると、申込書に書き込む内容に間違いがないかを確認することが大事です。
もしあなたが会社員で「来週何人かアルバイト希望の子を面接するから、この子は良いなと思う子を2人ほど選んでくれ」と履歴書だけを渡されたとしますよね。
「変な子だと困るから最低限の確認はしてくれよ」と言われてプレッシャーもかかっています。
そんな時Aさんは年齢と中学校の卒業年がおかしく(西暦から平成に計算し直す時に間違えたらしい)、Bさんは連絡先の携帯電話の番号が1桁足りませんでした。Cさんは未成年の場合は保護者の同意サインが必要だと書いてあるのに未記入の状態でした。DさんとEさんは特に問題のない履歴書を送ってきています。
もうこの時点でDさんとEさんに絞られてしまうのは言うまでもないと思います。


文字情報だけで人柄を見るしかないのは同じ

この状態は消費者金融会社にとっても同じなのです。特に審査をするのはその部署の最高責任者であるとは限りません。だとすれば「変なのを通しちゃって怒られるのは嫌だな」という心理が働き、「確実性」を重視したくなってしまうのが人間という生き物です。
つまらないミスで確実性を揺るがしてしまうようなもったいないことはしないよう注意しましょう。

Comments are closed.