消費者金融に申し込むと周囲の人にバレる?

消費者金融の利用にあたって不安に思うこと1位は「審査に関して」ですが、その次に多いのが「家族や会社にバレないかどうか」という点です。


消費者金融を利用していることは誰にも知られたくない!

生きていればどうしてもやむなく利用するしかない時もあると思いますが、それでも「アイツ、消費者金融で借金しているらしいぜ」とウワサされたら嫌だ、絶対に誰にも知られたくないと思ってしまうものです(実際、知られることでのメリットがほとんどないです)。
では、その「機密性の守護」対策はどんなものがあるのでしょうか?
対策1:電話はかけない
携帯電話にも会社にも自宅にも、とにかく電話はかけてこないでくれる消費者金融というのが最近では増えてきています。昔は在籍確認電話といって必ず勤め先にはかかってきてしまうものでしたが、外部から個人宛に電話がかかってきて不自然ではない立場にいる人ばかりではありませんでしたので、不満と不安の種の代表格でもありました。それがなくなったことでかなり申し込みのしやすさが上がったことでしょう。
対策2:書類は送らない
全ての手続きをインターネット上で済ませることで書類レス申し込み&契約が、最近の消費者金融のスタンダードとなりつつあります。


バレる時はだいたい自業自得

酔っ払った勢いで同僚に喋ってしまったことが発端で、同僚→同僚の奥さん→自分の奥さんというルートでバレてしまったなんてパターンはよく聞く話です。ご注意ください。

Comments are closed.