消費者金融の借金を債務整理するとどうなる?

以前はサラ金地獄なんていう言葉があったくらい、借金の返済が出来ずに自己破産してしまう方が多くいました。
現在では貸金業法が改正されたので、金利はどんなに高くても20%までと決められています。また、グレーゾーン金利時代に金融機関を利用していた方の場合は過払い金を返還してもらう事も可能となっています。過払い金の請求を行なえば借金額を減らすことも可能になります。自己破産も過払い金請求も全て債務整理に含まれるという事を知っていますか。消費者金融の借金を債務整理で片付けてしまえば精神的・経済的な負担も軽くなり返済効率も良くなります。しかし、債務整理を行うとブラックリストに掲載されてしまうのです。もちろん、どのような債務整理を行なったのかという点で掲載期間が異なります。


消費者金融の借金問題は弁護士へ

借金を抱えてしまいその返済がスムーズに行えない、返済能力を超えた金額の為返済することが出来ない。
そういう方は債務整理を行なうのが良いのですが、自分の力で手続きを行なえば良いわけではなく、必ず専門家へ頼むことになっています。弁護士や司法書士などにお願いをして、消費者金融とコンタクトを取りながら借金返済の計画を立てていくことになります。借金整理を行ない返済していく、民事再生を行ない決められた期間中に完済するなど必ず専門家に協力を仰ぐことが重要です。上記で債務整理を行うとブラックリストに登録されてしまう事になるといいましたが、過払い金請求はリストに登録されませんので安心して下さい。弁護士などにお願いすると費用が発生してしまうと不安に思っている方も居るでしょう。ですが、抱えている消費者金融の借金をそのままにしてしまうよりずっと良いので、きちんと解決させましょう。


審査に大きく影響してくることになる

返済が出来なくなるなどの理由から債務整理を行なっている方の場合、金融会社への申し込みは不可になります。
ブラックリストに載ってしまっている以上、審査の前の申し込みで断られてしまう事もあるのです。信用情報は各消費者金融などが共有して確認できるようになっていますので、過去の経歴を全て見られてしまいます。リストに載っていることが分かれば「貸付をしても返済してもらえないのでは?」と思われてしまうのです。消費者金融の審査はさほど厳しいものではありませんが、過去に何か問題を起こしていると通ることが出来ません。過去に債務整理などをしている方は必ず年数を確認するようにしましょう。申し込みを行ない審査に落ちてしまうとなったら、その情報も信用情報に残されてしまうので悪循環です。時間が経過するのを待つしかありません。

Comments are closed.