消費者金融の歴史

消費者金融を「個人向け融資」ということと解釈した場合には、後に安田銀行が吸収した日本昼夜銀行が1929年にはじめた小口融資が最初だと言われています。これは保証人を2名要するものでしたので、現在の消費者金融が原則としている無担保保証人不要用途不問というものとは少々特性が違いました。現在の消費者金融の融資に近いものが出現したのは、1956年です。日本信販が行った「チェーンクレジット」が発端となって、のちのSMBCコンシューマファイナンスとなる三洋商事や関西金融が。勤め人を対象としている小口融資を開始しました。


<サラ金と呼ばれた消費者金融>

登場した当時は「サラリーマンであれば信用貸しを行う」ということから、サラリーマン金融と呼ばれ、略した「サラ金」という名で浸透しました。しかしサラ金に対する法律はまだ確立しないうちに急成長しましたので、その分多くの社会問題も生むことになってしまいました。強引な取立てのために借金を苦にして自殺する人も増加し、これが所謂「サラ金地獄」というものでした。横暴さには目に余る者があり、1970年代後半から1980年代になって激化したことをうけ、貸金業規制法が制定されるに至りました。これによって利息や取り立てなどに関する制限が加えられました。

<PR>
パチンコで借金を抱えて悩んでる方は、まずはどうしたらパチンコをやめられるかを考えた方が良いです。自分がパチンコに依存してると感じてる場合は下記のサイトで情報を収集してみてください。
パチンコ依存症

Comments are closed.