消費者金融審査の流れとその実態

消費者金融から融資を受けようと思えばまず、申し入れを予定している消費者金融の審査基準やその流れを事前に把握しておくと、心に余裕が持て効率的に申請を行うことが出来ます。融資を受ける側はそのお金をどんな用途に使おうが自由ですが、貸し出す側としては融資したお金をギャンブルなどに使われると、融資金の返済不能に陥るリスクを伴うのでしっかりした融資前審査を行うことになります。これらの事を融資される側する側双方が理解しておくと、申請時の相互理解が深まりスムーズなやり取りが可能になります。


<ネット上で出来る申請>

ネット上で申請が可能になった現在、誰にも知られることなく消費者金融が用意したフォームに従って必要事項を書き込み、運転免許証や健康保険証などの身分証明書を添付し申請します。もし申請額が50万円を超える場合は所得証明書が必要になります。申請された書類にもとずき信用度の点数がつけられ合格の可否判断が行われます。引き続き、疑問点がある場合は申請者に迷惑がかからないように配慮した調査が行われます。以上の結果を審査判断材料にして、決裁権限資格取得者による決済が行われます。


事前調査で合格が危ぶまれた場合>

申請書や調査で合格ラインに達していなくとも、過去の借り入れ実績で特に不正がなく優良融資先と判断されれば、審査に合格する可能性が大きいので日頃の金融面での真面目な対応を心がけることが大切です。

Comments are closed.