Archive for 2月, 2014

消費者金融を初めて利用される方へ

消費者金融を利用される際、不安なことも多くあるかと思いますが今ではネットが充実していますので色々調べてみることをお勧めします。
消費者金融はお金を借りられるところですので、いざという時には非常に便利だと思います。
ですが、いくら便利だからとむやみに利用してしまいますと後々返済が出来なくなってしまうことなどがありますので気を付けるようにしていただければと思います。
使いすぎて癖になってしまわぬようにして下さいね。


消費者金融の金利を確認しよう

何度か利用されたことのある方はご存知だと思いますが、金利は利息と深く結びついていますので金利について確認することをお勧めします。
初めての方でしたらやはり返済はしっかりしなきゃ、しっかりしたいと思っている方が多いかと思いますので最初は金利についてきちんと把握しておきましょう。
なるべく低金利の場所を選ばれた方が返済の時に負担が少なくて良いかと思います。
その方が余裕をもって返済することが出来るかと思いますよ。


癖にならないように

癖になってしまわぬよう、いざという時にだけ使うようにされた方がよろしいかと思います。
一番怖いのは利用しすぎて返済が出来なくなってしまう事ですので、消費者金融を利用される際には本当にそれくらい金額が必要なのかよくもう一度お考えになってからが良いですね。
ご自分が無理なく返済のできる程度でしたら問題はありませんが、出来ないのでしたら利用するのは控えるようにしましょうね。
また、審査に必要なものなども事前に調べておきましょう。

消費者金融に申し込むと周囲の人にバレる?

消費者金融の利用にあたって不安に思うこと1位は「審査に関して」ですが、その次に多いのが「家族や会社にバレないかどうか」という点です。


消費者金融を利用していることは誰にも知られたくない!

生きていればどうしてもやむなく利用するしかない時もあると思いますが、それでも「アイツ、消費者金融で借金しているらしいぜ」とウワサされたら嫌だ、絶対に誰にも知られたくないと思ってしまうものです(実際、知られることでのメリットがほとんどないです)。
では、その「機密性の守護」対策はどんなものがあるのでしょうか?
対策1:電話はかけない
携帯電話にも会社にも自宅にも、とにかく電話はかけてこないでくれる消費者金融というのが最近では増えてきています。昔は在籍確認電話といって必ず勤め先にはかかってきてしまうものでしたが、外部から個人宛に電話がかかってきて不自然ではない立場にいる人ばかりではありませんでしたので、不満と不安の種の代表格でもありました。それがなくなったことでかなり申し込みのしやすさが上がったことでしょう。
対策2:書類は送らない
全ての手続きをインターネット上で済ませることで書類レス申し込み&契約が、最近の消費者金融のスタンダードとなりつつあります。


バレる時はだいたい自業自得

酔っ払った勢いで同僚に喋ってしまったことが発端で、同僚→同僚の奥さん→自分の奥さんというルートでバレてしまったなんてパターンはよく聞く話です。ご注意ください。

消費者金融でお金を借りるために

消費者金融のCMは1週間の内に1度や2度は絶対に見かけますよね。これだけバンバンCM流しているとはいえ、審査もしないで誰にでも貸してくれるわけではありません。「いいよ、本当に困ったら消費者金融でお金を借りるから」と思っていても実際に借りられるかどうかは分からないというのでは困ってしまいますよね。


消費者金融で確実にお金を借りるために

まずはきちんとお金を借りるためにやるべきことを紹介すると、申込書に書き込む内容に間違いがないかを確認することが大事です。
もしあなたが会社員で「来週何人かアルバイト希望の子を面接するから、この子は良いなと思う子を2人ほど選んでくれ」と履歴書だけを渡されたとしますよね。
「変な子だと困るから最低限の確認はしてくれよ」と言われてプレッシャーもかかっています。
そんな時Aさんは年齢と中学校の卒業年がおかしく(西暦から平成に計算し直す時に間違えたらしい)、Bさんは連絡先の携帯電話の番号が1桁足りませんでした。Cさんは未成年の場合は保護者の同意サインが必要だと書いてあるのに未記入の状態でした。DさんとEさんは特に問題のない履歴書を送ってきています。
もうこの時点でDさんとEさんに絞られてしまうのは言うまでもないと思います。


文字情報だけで人柄を見るしかないのは同じ

この状態は消費者金融会社にとっても同じなのです。特に審査をするのはその部署の最高責任者であるとは限りません。だとすれば「変なのを通しちゃって怒られるのは嫌だな」という心理が働き、「確実性」を重視したくなってしまうのが人間という生き物です。
つまらないミスで確実性を揺るがしてしまうようなもったいないことはしないよう注意しましょう。

消費者金融の即日融資は限度額が低いの?

消費者金融で人気の高いサービスが、即日キャッシング、スピード融資などと呼ばれているものです。消費者金融では、インターネット上や店頭などで受付した後にすぐに、審査を行ってくれます。そのため、今すぐに現金が必要だとなっても、安心してお金を借りることができるのです。


消費者金融はネットで申し込める

消費者金融では、現在、インターネット上ですべての手続きを完了できるものが多くあります。中には利用履歴などもインターネット上で管理、返済する金額や、まだ返済していないお金なども直ぐに確認することができます。スマートフォン向けに公式アプリケーションなどをリリースしている会社もあり、その場でATMを検索できるサービスなどもあります。


限度額内の引き出しが自由

消費者金融で融資を受けると、限度額というものが設定されます。例えば10万円であれば、10万円以内であれば、自由にお金を使えるというものです。まだ返済しなくてはならないお金が数万円あったとしても、10万円以内ならお金を借りることができます、というサービスです。即日融資の場合は、この金額が低いと言われることがありますが、これはまだ返済した実績がないことから、判断ができないので低いというのが主な理由だと言われています。きちんと返済を続けていると限度額が上がるということもあるそうです。

消費者金融の審査で利用する情報

消費者金融を利用する人が増えていると言われています。消費者金融では、アルバイトなど非正規雇用の人でも融資を受けることができる、コンビニエンスストアなどのATMと提携していることから、返済や借り入れが非常に便利で24時間対応していることも少なくないということが、大きなメリットと言われています。


消費者金融の審査で使うもの

消費者金融では審査のときに個人情報が必要です。まず必ず必要になるものが、本人確認書類です。この書類は免許証や保険証、他にパスポートや住基カードなども利用できるそうです。公的に自分の身分を証明できるものであればいいので、二十歳以上の学生であれば、学生証でも大丈夫です。免許証などの場合は、免許番号を入力するだけでインターネット上から直ぐに申し込みができるものもあるそうです。


信用情報の開示に同意する必要がある

その他、借り入れる金額によっては収入証明書を提出する義務が発生する場合もあります。本人確認書類と一緒に必須となるのは、信用情報の開示に対する同意です。信用情報とは、あなたのお金の履歴のようなものです。お金をどこから借りて、どのように返済したか、返済が遅くなったり、滞ったまま放置していたりしないかを確認することができます。